長門鋳銭所跡|下関長府にある紅葉の寺、覚苑寺へようこそ。

覚苑寺

長門鋳銭所跡

長門鋳銭所跡(ながとちゅうせんしょあと)  
  いまからおよそ千三百年前の奈良時代、長府には長門の国の国府がおかれ、長門国司は鋳銭司の役職を兼任し、貨幣の鋳造が行われていたことは古くから知られていました。そして、当山周辺では、江戸時代より鋳銭遺物がたびたび発見されていましたが、明治四十四年、時の住職、進藤端堂師による境内地の発掘で、和同開珎鋳造に関わる銭笵・鞴羽口(ふいごはぐち)・坩堝(るつぼ)など約百点の鋳銭遺物が発見されたことにより、当山境内地が、和同開珎鋳造との関係で注目されるところとなりました。

和同開珎

 その後、大正10年の発掘など数回にわたる発掘が実施され、大量の鋳銭遺物が出土したことから、昭和4年、「長門鋳銭所跡」(ながとじゅぜんしょあと)として当山境内地等が国の埋蔵文化財指定を受けました。出土遺物は昭和39年、国の重要文化財の指定を受け、現在長府博物館が所蔵しています。
 和同開珎が鋳造された場所は全国他に、近江・山城・河内・武蔵・平城京などが知られていますが、遺構が確実に埋存する遺跡としては、現在のところ本遺跡が唯一のものです。
 

長門鋳銭所跡

 平成22年には覚苑寺境内から南に約50メートルの住宅地での下水道管埋設工事の際、大量の木簡が出土しニュースとなりました。記された内容から、「周防国2か所で採掘・精錬された銅が、銭貨鋳造の目的で長門国に送られ、銅銭の鋳造に充てられた」という『続日本紀(しょくにほんぎ)』の記述を裏付けることとなりました。
 ここに周防、2か所の名前が登場しますが、原料の銅の主要な供給地としては、やはり、美祢市にあった長登銅山だと考えるのが妥当ではないでしょうか。当地から距離的にも一番近い、銅の一大生産地でありましたし、実際、長登では、銅が長門国司に、また、鋳銭司に送られていたことを示す木簡も検出されています。また、ここからは、奈良の大仏を作るために多くの銅が奈良まで運ばれたともいいます。
 なお、長門鋳銭所の操業開始時期ははっきり分かっていませんが、和銅年間(708年〜715年)から天平(729年〜749年)の初めごろと考えられており、825年に周防鋳銭司が置かれたのに伴い閉鎖されたと推察されます。
 まだまだ謎の多い長門鋳銭所ですが、今後の発掘調査によって、より多くの事が解明されていくことを期待しています。
 
 ところで、1999年に奈良県明日香村から大量の富本銭が発見され、こちらが日本最古の貨幣であるとされていますが、一般に広く流通したという点においては、和同開珎が日本最古の貨幣であるという位置付けは変わらないでしょう。
 なお、寺の裏山(準提山)は古くは、鋳銭坊(いさんぼう)とも呼ばれ、境内に隣接する細い道には火除け路(ひよけみち)という名が今なお残っていることなどは大変興味深いところです。

発掘調査

2014年8月〜12月、山門建設予定地と位牌堂建設予定地の2カ所の発掘調査が下関市の文化財保護課によって行われました。
 鋳造に直接関係のある遺物は発見されませんでしたが、約4メートル下の地中より奈良時代の瓦が多く出土しました。そのことから、現在の境内地の地形は、山の土砂によって明治の初めに埋め立てられて造成されたということと、この辺りには貨幣の鋳造を司っていたと思われる、役所的な建造物が多く建てられていたということがわかりました。

このページの先頭に戻る